300万円の手元資金で無理なく独立できる看護師さんの「起業支援プログラム」の中身とは

お世話になります。インキュベクスの青井です。

このブログでも度々お伝えしている看護師さんの「起業支援プログラム」に連日お問合せをいただいております。

この独立支援制度は、看護師さん自身が将来経営するであろう「住宅型有料老人ホーム」や「訪問看護ステーション」を運営している会社でOJT(実地訓練)を積んでいただくことを指しているのですが、本日は、その中身についてお伝えしていきたいと思います。

看護師さんの独立したいという強い気持ちを応援するための制度です。

・訪問看護で独立してみたいけど、開業資金がない…
・自分が経営者としてやっていけるのか自信が無い…
・周りに協力者がいないので一人で独立するのが不安…
・仲間と介護施設経営をやりたいが方法がわからない…

私たちの「起業支援プログラム」は、このような看護師さんの声を受けて誕生した新たな制度です。

看護師として独立したい、将来、経営者として立ちたいという強い気持ちがあれば、少ない自己資金で独立起業を目指せる他にはないプログラムです。

訪問看護だけではありません。独立方法は、様々あります。

独立方法は、様々です。

訪問看護ステーションでの独立はもちろん住宅型有料老人ホーム、そして看護師さんが1人でも経営できるようなサイズ感の“10床”の介護施設(ナーシングホーム)など様々な独立方法をご用意しています。

※事前に夢やキャリアビジョン、独立希望地域等をヒアリングさせていただいています。

まずは、訪問看護ステーションの管理者を経験いただきます。

私たちがこの独立支援プログラムで提供する環境は、看護師さん自身が経営する立場になった時にも直面する様々な課題があります。

これらに対応するためにもまずは、訪問看護ステーションの管理者を経験いただきます。

1)採用はもちろん地域との連携
2)そして苦情対応や
3)オンコールそして
4)退院カンファへの参加
5)売上や利益計画の策定
6)その他

管理者の仕事は、このように実に多岐にわたります。座学では理解はできません。このような内容を2年程度は経験をされることをおすすめしています。

通常の訪問看護や施設経営よりもかなり低コストで独立できます

私たちは、看護師の起業にかかる様々なコストダウンに成功しました。

このプログラムの最大の特徴は、通常の訪問看護や施設経営よりもかなり低コストで独立できることです。

具体的には、起業希望者が1000万円の開業準備費用のみで介護施設経営に参入できるようなバックアップ体制を敷いたのです。

では、本来は、3000万円以上かかる開業費用がなぜ、1000万円にできるのでしょうか。

結論から申し上げると、皆さまのOJT先である介護事業者が起業者の身元保証や色々とかかるその他の経費を負担してくれるためです。

例えば、介護施設経営の場合であれば、運営に必要な什器備品、ベットやテーブル、IT機器等を含めると相当額にのぼります。

このようなOJT先からの支援によって介護施設経営が実現するのです。

実際に看護師さんにご用意していただく手元資金は、…

1000万円の開業資金と申し上げましたが、手元資金としてご用意していただくのは、300万円で大丈夫です。

300万円を元手にすると、政策金融公庫で1000万円を借り入れが出来ます。(創業融資のサポートもお任せください。)

この1000万円の借り入れはほとんどが介護施設運営に従事してくれるスタッフ給与になるわけです。

私どもが支援する場合、介護施設経営にかかるコストはほぼこの人件費になります。

300万円の元手づくりは看護師さんのお給料であれば、2年もあれば十分に貯められる金額ではないでしょうか。

3年後の独立を目指して統括管理者として訪問看護ステーションで働く看護師さんの事例

今回お伝えした私たちのご紹介で独立を支援する事業者様の元で働く看護師さんの事例を小冊子にまとめました。

ご興味のある方は、是非この機会にご一読ください。
無料でダウンロードできます。

下記に必要事項をご記入の上、「お申込み」ボタンをクリックして下さい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です