「必要なのは、気合と覚悟。中途半端な覚悟だったら失敗するかもしれませんが、訪問看護の場合、リスクは低いと僕は思います。」吉本社長インタビュー第4回を掲載しました。

インキュベクス青井でございます。

メディカルリケア合同会社の吉本社長のインタビューの第4回を「介護事業JP」に掲載しました。

最終回である今回は、開業5年目である現在のご状況と今後の展望を語っていただきました。

そして今後、訪問看護ステーションの開業をお考えの方、また開業したものの伸び悩んでおれる方のメッセージ等をお聞きしました。

30代の時に柔道整復師から訪問看護ステーションを起業された吉本社長が語る“一歩を踏み出す”大切さとは?

是非ご覧ください。

自己資金が少なくても訪問看護ステーションは開業できる!(4)メディカルリケア合同会社  吉本 俊一氏インタビュー

Follow me!

2 thoughts on “「必要なのは、気合と覚悟。中途半端な覚悟だったら失敗するかもしれませんが、訪問看護の場合、リスクは低いと僕は思います。」吉本社長インタビュー第4回を掲載しました。

  1. 穴井恵美 より:

    皮膚・排泄ケア認定看護師の資格があります
    ストーマケア、褥瘡、排泄ケアの専門分野に特化した事業展開を考えています。

    個人事業として考えていますが、ニーズはあるのでしょうか。
    在宅同行訪問はおこなってきました。

    1. ah1109coy4 より:

      お世話になっております。インキュベクス上村です。

      大変お待たせいたしました。

      お問合せの件、以下回答いたします。

      ◆専門分野に特化した事業展開は非常に素晴らしいですね!

      「褥瘡、排泄ケアの専門分野は少なからずニーズはあるかと思われますが
      圧倒的なニーズはやはり19疾病をはじめリハ、看取り等となりますので、
      まずはボリュームを抑えた上でおっしゃる通りの特徴を
      周知するのが優先であり安全な事業成長路線かと思います。

      在宅訪問の経験は医師との連携時点での強みになるかと思います

      ◆次に個人事業主開業の件

      1)個人事業主開業は不可です(一律、法人化が必要になります)
      ただし・・・例えば私が直営しているステーションの支店のような形で立ち上げることは
      不可能ではありませんが。。。最低1年間程の訓練・研修期間は必要になるかもしれません
      (もちろん年収600万円程をお支払いした上でとなります※話し合いです)

      2)法人化する場合はそのための支援もしております。
      もしご興味があれば、ご説明させて頂きますので、一度弊社にご連絡くださいませ。

      ◆事業の説明では以下を説明致します。

      ・地域に求められる訪看ステーション
      ・弊社直営状況
      ・訪問看護の売り上げ及び販管費
      ・訪看スタッフの採用について
      ◇新規利用者25名/月以上を獲得できるステーション
      ・新規利用者25名以上を獲得できる条件等
      ・訪問看護ステーション運営の収支(加算項目等の確認)
      ・訪問看護ステーションの業務の標準化(ルール)
      ※ナーシングホーム運営に関する付録

      事業説明会では訪問看護ステーション運営の概要、方針・方向をご説明させていただきます。
      お気軽に問い合わせください。

      <<お申込みはこちらから>>

      https://form.k3r.jp/inquvex/houkan

      お会いできることを楽しみにしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です