「介護というものの本質は、その人の人生に最期まで寄り添うこと」グリーンランズ株式会社青木社長のインタビュー第1回を掲載しました

インキュベクス青井でございます。

本日より、異業種から介護業界に参入され、高齢者向け住宅や訪問看護ステーションの開業運営を手掛け、介護の本質を追求しつつ多くの成功事例を生み出しておられるグリーンランズ株式会社 代表取締役 青木 幸司氏のインタビューを「介護事業JP]にて4回に分けて掲載します。

第1回は、青木社長の介護に関するお考え、そしてその背景についてお聞きしました。

「介護というものの本質は、その人の人生に最期まで寄り添うこと」

「人生をその人らしく、自分らしく、最期まで豊かに生きる。その実現のための手助けをする。それが介護の本質なんじゃないか――」

青木社長の原点である「介護って何だろう?」という疑問とその答えとは。

是非ご覧下さい。

世界を目指す経営者へ!!介護事業は実はもっと面白い!!(1)グリーンランズ株式会社 代表取締役 青木 幸司氏 インタビュー

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です