本日、弊社に何やら大きな荷物が届きました


お世話になります。インキュベクスの青井です。

本日、弊社に何やら大きな荷物が届きました。

荷物を受け取った前代表の上村が荷物を開きます。

中から出てきたのは…

なんと!可愛らしい雰囲気の2枚の絵画でした。

実は、この絵画、作者は、タイの象さん!

本物の象がお鼻で筆を持って絵を描いているそうです。

もちろん、象が絵を描くという行為の意味を理解しているのではなく、訓練によって「この場所にこういう風に筆をなすりつける」という行動を順序立てて記憶し、描けるようになるとか。

早速社内の入口に飾ってみました。

クリスマスっぽい感じもあり、いい雰囲気になりました。

(※孔雀の絵画は、場所のセッティングが完了次第、飾る予定です。)

では、なぜ、この絵画が弊社に届いたのか・・・その理由を、上村よりお伝えいたします(笑)。

私がこの絵を購入した理由(上村談)

上村です。

「介護施設はサービス業だぞ!」

これは、令和2年夏よりトレーラーハウスを使った介護施設経営に着手をする長野県・りんご学園の塚田社長から頂いた言葉です。

彼は画商であり介護施設経営者。タイにある象を訓練する村からフェアトレードで絵を仕入れています。

「どこまでも入居者様の幸福と、スタッフの頑張りに応える!」という塚田社長のメッセージを永遠に胸に刻みたい! 

絵を身近(社内)に飾ることで塚田ワールドを踏襲したい!

このような想いからこの絵を購入させていただきました。


とのことです。

弊社にお越しの際は、是非、この象が描いた絵をご鑑賞いただければと思います。

上村編集長によるWebマガジン「君がいる未来」はこちらをご覧ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です