【異業参入事例】11月1日新規開業!いろはかえで訪問看護リハビリステーション(横浜市戸塚区)をご紹介します

お世話になります。インキュベクス青井です。

本日は、11月1日に横浜市戸塚区で新規開業される「いろはかえで訪問看護リハビリステーション」をご紹介します。

代表を務める青野社長は、経営コンサルティング会社に勤務後、日本の木の文化や伝統技術を生かした木材製品を扱う「株式会社Tree to Green」(東京都渋谷区)を2013年に創業されます。

医療機関・医療施設に隣接する保育園作りなど複合型の仕事等を通して、今後の日本における「高齢者介護、在宅介護」の持つ課題を認識されます。

また祖父母との体験を通して感じた「家族といたい」という希望を事業という形で支えたいという想いの元、子供時代を過ごした横浜市戸塚区にて訪問看護ステーションの開業を決意されました。

全くの異業種からの参入ですが、私たちのサポートの元、一つひとつ着実に準備を進められ、11月1日の新規開業が無事に決定しました。

心強いオープニングメンバーが集まりました

青野社長は、訪問看護ステーションを作られる上で組織のチームメイクにとても注力されています。

将来の独立を目指し広島から上京してメンバーに加わった宮脇さん(管理者看護師)をはじめ自らの理想のリハビリを実現したいという熱い思いを持った吉田さん(作業療法士)など心強いオープニングメンバーも集まりました。

この青野社長自らがドリームチームとお呼びになるチームメンバーを中心に開業準備段階からブログも頻繁に更新されるなど、まさにメンバーが一丸となって開業準備を進められました。

いろはかえで訪問看護リハビリステーションの日々の取り組みやメンバーの想いなどを綴ったスタッフブログは、こちらからご覧いただけます。(青野社長も頻繁に参加されています。)

ちなみに11月1日以降は、新メンバーもホームページに登場される予定です。どんな方が入られたのか、私も今から楽しみです(笑)。

ステーション名の由来~いろはかえで~とは

「いろはかえで訪問看護リハビリステーション」の名前は、文字通り、いろはかえで(「イロハモミジ)が由来となっています。

いろはかえでが、春から秋にかけて新緑から鮮やかな紅色に美しく変化するするように、若々しく元気な春(幼少年期~青年期)から、穏やで落ち着いた秋(壮年期~老年期)の何れも、美しくまた楽しく過ごしていただきたいという青野社長の想いが込められています。

※いろはかえでの花言葉のひとつにも『美しい変化』があるそうです。

加えていろはかえで(もみじ)の葉っぱは、人の手を広げたかたちに良く似ていること、看護やリハビリが、まさに手を通じて生活のお手伝いをする活動であることからこの素敵なステーション名に決定されました。

新たな一歩を踏み出した「いろはかえで訪問看護リハビリステーション」へのご愛顧を、どうぞよろしくお願い申し上げます。

青野社長にお話しを伺いました。

訪問看護ステーション新規オープンにあたり青野社長にお話をお伺いしました。

訪問看護を選ばれた背景、スタッフ採用、今後目指される方向など新たなビジネスとして「訪問看護ステーション」を検討される方には、とても参考になると思います。

以下より無料でお読みいただけます。

ステーション情報

施設名 いろはかえで訪問看護リハビリステーション
事業所番号
所在地 〒244-0003神奈川県横浜市戸塚区戸塚町4766
JR東海道線・横須賀線「戸塚駅」より徒歩10分
横浜市営地下鉄「戸塚駅」より徒歩10分
営業日 月曜日~金曜日
サービス対象エリア 戸塚区・泉区・港南区・栄区(上記以外のエリアでもご相談ください)
営業時間 8:30~17:30
電話番号 045-392-9605
Fax番号 045-392-9504
運営法人 株式会社ときわ地域ケア
代表取締役   青野 裕介

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です