【看護師独立事例】「訪問看護とリハビリで在宅での療養生活を支えたい!」女性看護師が独立開業を志した理由とは

お世話になります。インキュベクス青井です。

本日は、静岡県三島市にて新規で訪問看護ステーションを立ち上げられる鈴木様をご紹介します。

鈴木様は、長年、看護師として医療に携わり、リハビリ病棟での勤務から在宅におけるリハビリの重要性を肌に感じ、自ら訪問看護ステーションを決意されました。

本日は、訪問看護ステーションを立ち上げるに至ったきっかけや、訪問看護に寄せる鈴木様の想いなどを伺いたいと思います。

女性看護師が独立開業を志した理由とは


本日はよろしくお願いします。

まず鈴木様のご経歴、特に看護師さんとして、これまでどのように働かれていたかをお聞かせください。



はい。看護師になって約20年位になります。これまで外科病棟や癌看護、リハビリの病院で働いてきました。



有難うございます。

では鈴木様は、なぜご自身の手で訪問看護ステーションを開こうと思われたのですか?



これまでリハビリで入院されても(退院して)家に帰ってもまた転倒が起こってしまって結局、再入院という方が多くいらっしゃっいました。

ですので、私は、ご自宅に帰ってからがリハビリだと思ったんです。

普段生活しているご自宅こそがリハビリも出来てご自身の意欲が高められる絶好の場だと。

自分が訪問看護師としてその方の生活を支えることが出来たら、疾患を持ちながらもご自宅で充実した生活がおくれるお手伝いができるということに魅力を感じ、訪問看護ステーションを開こうと思いました。



有難うございます。

今は、昔のように長く入院をすることができません。以前ならまだまだ入院が必要な方を送り出すことにもどかしさを感じられていたのですね。



そうですね。まだ治療やリハビリが必要な状態でご自宅に帰られる患者さんの不安な気持ちも伝わってきますし、その後の生活も気になっていました。



そのような状況を目の当たりにして、訪問看護、在宅でやってみたいと徐々に思われていかれたのですね。



はい。


実際に独立起業に向けて準備を進めたきっかけとは


実際に独立起業に向けて行動しようと思われたのは、何かきっかけがあったのですか?


前職のリハビリの病棟で(訪問看護ステーションを立ち上げたら)一緒にやろうよってって言ってくださる理学療法士さんがいらっしゃったんです。

皆さんの協力が得られるのであれば一緒にやってみようかなと。



なるほど。お一人だけで独立を考えると不安になりますよね。



そうですね。先を考えるとなかなか一歩踏み出せないところはありました。ただ考えていることは、みんな一緒なのかなって。

あと病院で働いていると、そこの組織としての役割が求められます。なかなか自分の意見が反映されないって所も大きかったです。

働く環境の面からも自分で立ち上げたら、自分たちに返ってくる喜びも報酬も充実したものになるんじゃないかなと思って。



なるほど、職員のやりがいや働きやすさもご自身で実現したかったのですね。



はい。



有難うございます。


インキュベクスを知ったきっかけとは


次に私たちインキュベクスを知ったきっかけを教えていただきたいのですが。



インキュベクスさんを知ったきっかけは…

個人でステーションを立ち上げるとなると沢山の壁があるんですね。

なので、事業に対して素人が立ち上げるとなった時にバックアップが必要じゃないかと思って、その不安要素を取り除くために(インターネットで)調べていた時に「看護師独立支援」という言葉を見つけました。

ここだったら支援してくるんじゃないかと。



そうだったんですね。

実際にそういった看護師さんからのお問い合わせは、最近本当に多くなっております。

鈴木様の在宅でのリハビリの必要性のお話もそうなんですが、みなさん凄く想いがあります。それを地域に広めたい、そのために訪問看護ステーションをやりたいと。

だから私たちも絶対に失敗してほしくないので、看護師さんが苦手とする経営的なことや営業方法、Webからの採用など含めトータル的にお力になれればと思っております。

ちなみに訪問看護を新規で立ち上げられるに際し、特にここは不安だったというところはありますか?



はい。自分たちが病院で仕事している上では、わからない部分、開業したい地域に要介護認定者がどのくらいいるかとか、どのくらい(訪問看護の)サービスを使っているのか。

どこに事業所を置いたら効率よくご利用者様を獲得できるかなど、その辺がまったくもって把握が出来なかったので、その辺の不安要素を取り除いてもらえたのは大きかったと思います。



有難うございます。そうですね。実際に弊社にお越しいただいてお話させて頂きました。一緒に地図を見ながら(笑)。

納得されましたか?



ええ。



ありがとうございます。


鈴木様が目指されるステーションの姿とは


鈴木様は、これから静岡県三島市で開業を予定されていますが、どういったステーションを目指されたいと思いますか?



もちろん終末期まですべてをケアするつもりでいますけれど、やっぱりリハビリには、力を入れてやっていきたいと思います。



先程生活の場が最高のリハビリの場だっておっしゃってましたように、鈴木様ならではのステーションを目指されるということですね。



そうですね。



これから新規開業に向けてスタッフさんを募集されると思うのですが、一緒に働きたいという方はどんな方ですか?



普通の一般リハビリもそうなんですけど、心臓リハや脳神経の専門を習得した方がいらっしゃったらと思っております。

いろんな分野のリハビリの方がいらっしゃいますので、あまり限定しないほうがいいですかな。



逆に明確にされる方がいいと思います。

ちなみに在宅で心臓や脳神経のリハを必要とされている患者さんってどういう方なのですか?



脳梗塞とかで片麻痺があったりしながらも自宅で生活されてる方ですね。

現在、在宅で療養されている方は、結構いらっしゃいます。そういった方面で専門の方、そういう所(リハ病棟など)で働いてきた方がいらっしゃったら、専門知識を活かして在宅で一緒にやっていただけたらなと思っています。



なるほどですね。



その方が中心となって看護師にもリハの視点を教えていただければと思います。

看護師さんは、基本的には明るくて前向きな方であればと是非、ご一緒したいたいです。



有難うございます。在宅では、コミュニケーションも大切なのでそこは大事ですよね。



はい。


スタッフの働きやすさについて


今後日本の少子高齢化がますます加速していきます。 それに伴い、訪問看護ステーションのニーズもどんどん高まっていきます。

鈴木様のステーションも地域で信頼を得ていくにつれ、ご利用者様もどんどん増えいくと思いますが、スタッフの働きやすさについては、どうお考えですか?



はい。働きやすさは、自分も働きながら子供を育ててきたのでとても大事だと感じています。

出来るだけ自宅から直接現場に行って看護をしてくれる直行直帰を目指しています。

報告・記録もタブレットやパソコンでの記録に変えて、作業時間の短縮を図っていきたいと思います。

あとは、働いた分だけ達成感や充実感がある。病院の勤務だと得られない、訪問看護ならではの感覚を共有できる職場にしたいですね。

そして誰もが利用したいと思っていただけるような訪問看護ステーションを作りたいと思っています。



有難うございます。きっと鈴木様の想いが結実する素晴らしいステーションになることを確信しています。

本日はありがとうございました。

オープニングスタッフ募集 お気軽にお問い合わせください

鈴木様は、2021年1月に静岡県三島市にて新規に訪問看護ステーションをオープンされる予定です。

オープニングスタッフとして働いてみたい看護師さん・療法士さんは、下記のお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です