「社長が事務をするということ――スタッフを支え、利用者様の背景を知り、現場を理解すること」あい訪問看護リハビリステーション 横地社長インタビュー5回目を掲載しました。

お世話になります。インキュベクス青井です。

あい訪問看護リハビリステーション 横地社長インタビュー5回目を介護事業JPに掲載しました。

第5回目は、訪問看護ステーションの社長としての横地社長の活動内容についてお聞きしました。

訪問看護事業をきっかけである「介護に関わるご家族への支援をしたい」という理念のもと、社長自らも、営業される横地社長。

ご利用者様の最初の担当者会議に参加されるなど、看護師さんとの役割分担を明確にし、働きやすい環境作りに日々邁進されています。

今回も必見の内容です。是非ご覧ください!

子育て主婦から社長への道程は山あり谷あり・・・ あい訪問看護リハビリステーション 横地社長インタビュー(5)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です