【稼働率アップ実践例】入居相談員の業務内容をご紹介します。

お世話になります。インキュベクスの青井です。

介護施設の経営を語る上で欠かせないのが「稼働率」※です。

(※「稼働率」とは、施設の定員に対してどれくらいの割合で入居いただけているかを数字にしたものです。)

土地オーナー様への家賃負担や金融機関への返済などを考えると早い段階で稼働率を上げて収入を確保することは、とても大事です。

本日は、この稼働率向上のために日々、入居希望者との問い合わせや受け入れ調整を担当している入居相談員のブログをご紹介します。

◆たった1日で入居日が決まりました!
https://kaigo-kingdom.jp/2020/01/28/20200128/

◆「入居相談員」=「営業マン」!?
https://kaigo-kingdom.jp/2020/01/30/20200130/

◆迅速な情報収集が入居者獲得の重要ポイントです!
https://kaigo-kingdom.jp/2020/02/04/20200203-2/

◆生活保護OKで入居者が集まる!?
https://kaigo-kingdom.jp/2020/02/05/20200205/

◆満床でも入居相談は積極的に
https://kaigo-kingdom.jp/2020/02/06/20200206/

◆入居希望者様の状態を把握したい!
https://kaigo-kingdom.jp/2020/02/10/20200210/

◆入居のタイミングは「病院の都合」で決まってしまいます!
https://kaigo-kingdom.jp/2020/02/13/20200213/

◆失敗談!介護認定なしの方の入居相談
https://kaigo-kingdom.jp/2020/02/19/20200218/

◆入居者様の声「介護の王国」に入居を決めた理由
https://kaigo-kingdom.jp/2020/02/20/20200220/


普段なかなか目にすることのない入居相談員のリアルな業務内容です。

是非、お手すきの時にご覧ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です