「介護施設での勤務経験が最大の武器になる!」介護職の起業&施設経営ストーリー

お世話になります。インキュベクスの青井です。

本日は、私たちが、この1年間話合いを進めてきた介護現場からの「経営者の輩出」についてお伝えしていきたいと思います。

「同じ職場に勤めるスタッフの待遇を大幅に改善したい」という想い

今回の主役である独立希望の男性介護士さんと出会ったのは、約2年前、弊社へのお問合せがきっかけでした。

彼の夢は「介護施設を経営したい!」というものだったのですが、その背景には、とにかく「同じ職場に勤めるスタッフの待遇を大幅に改善したい!」という強い想いがありました。

彼が目標としている介護スタッフへの待遇は正社員では年収400万円台、そして、介護施設の運営責任者には年収500万円台を提供したいと考えていました。

なにより介護スタッフに年収400万円を!

そんな彼が前職の部下を引き連れて訪問介護を起業したのが1年半前のこと。

彼が介護施設経営を目指す背景は、前述した仲間への報酬提供に尽きるわけですが、これまでの「訪問介護」だけでは、年収400万円台の報酬提供を実現することは、きわめて困難な状況でした。

そこで、「介護施設経営」でこの待遇の改善・実現を目指すことにしたのです。

介護施設を運営することが出来れば、入居されるお客様に対する丁寧なサービスを心掛けるだけでもお客様が増えますし、場合により自費サービス等のオーダーもいただけることもあります。

なにより、訪問サービスに付き物であるお客様からお客様宅への移動時間というロスも無くなり、介護スタッフに対する安定したシフトを組むことも可能です。

介護施設での勤務経験が最大の武器に

そもそも、彼とそのお仲間の介護スタッフの多くは介護施設運営には自信がありました。

元々、彼が現在のスタッフとの出会ったのも大手企業が運営する介護施設だったからです。

介護施設勤務の時代は、喀痰吸引やコミュニケーションスキル等を様々な分野の訓練(OJT)やセミナーを共に受講されたようです。

同じ価値観で仕事ができる仲間を持つ彼にとっては、介護施設経営は、「明日からでも運営できます!」というくらい確信を持って取り組むことができる事業だったのです。

介護施設運営の条件は、運営資金として1000万円を用意すること

私たちがこの経営者様との話し合いをスタートしてからというもの、一貫してお願いさせていただいたことは、ただ一点でした。

それは、介護施設運営に必要となる人件費をご用意いただくことです。

具体的には「3~4カ月分の人件費を用意してください」というお願いでした。

ちょうど訪問介護を経営し始めておおよそ1年半、事業も徐々に軌道に乗り、銀行からの信用も少しづつに出来てきた頃でした。

介護施設経営が出来上がるのは来年の6月です!

私たちとの打ち合わせ開始と同時に、事業資金調達のため銀行への相談も進めていきました。

その結果、遂に銀行から1000万円融資がOKになりました。

介護施設経営のスタートは来年の6月。いよいよ彼の夢の第一歩がスタートします。

私たちもしっかりとバックアップさせていただきたいと思います。

介護施設経営のP/L(収益とコスト)

ちなみに私たちが推奨する介護施設経営スタイルは19名のご利用者様を対象としたコンパクトな介護施設経営です。

かかる経費は家賃と人件費程度。

収益は「家賃」と「介護保険」。

私たちの実績値では月間800万円ほどの収入が上限ですので、関係者への高待遇を提供しても、会社の利益はまだまだ残ります。

ご興味のある方は、ご遠慮なくお問いあわせください。

お気軽にお問合せください

Follow me!

One thought on “「介護施設での勤務経験が最大の武器になる!」介護職の起業&施設経営ストーリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です