25年、社会の変革と時代のうねりを乗り越えて得られた知見を活かしお客様が「本当に求めているもの」をサービスとして届けられる喜び。
私たちはこれからも、社会を見据える広い視野とお客様と同じ立場で考えられる優しさをもってさまざまなニーズに応え、良質なサービスを提供できるコンサルティング会社でありつづけます。

2010年~超高齢社会の到来

日本は1970年代に「高齢化社会」へ。1995年に「高齢社会」、そして2010年には「超高齢社会」へと突入しました。
65歳以上を15~64歳で支えた場合の人数比率が2.8人と初めて3.0人を切り、高齢化対策が待った無しの状況に。
有識者の意見では今後も日本の高齢者率は高くなりつづけ、2060年には人口の約40%になると言われています。


高齢者
「最期まで住み慣れた自宅で過ごしたい」
「費用のかからない、年金の範囲で住める場所が欲しい」

介護する家族
「入院期間が短くなり在宅介護は大変。訪問サービスが欲しい」

この問題をビジネスで解決するには?