起業を志す人たちの背中を押す「アクセラレータープログラム」がスタートします!

お世話になります。インキュベクスの青井です。

インキュベクス株式会社は1995年の創業以来「世の中の社会課題を“ビジネス”で解決する」という経営理念のもと起業支援を軸に様々な事業に取り組んで参りました。

創業から25年、生み出した起業支援実績は計4,000社。数多くのビジネスモデルを世の中に送りだしてきました。

この度、これまでの私たちの実績や各種ノウハウを有効活用すべく新たな取り組みがスタートします。

それが様々なフランチャイズビジネスを支援する「アクセラレータープログラム」です。

起業を志す人たちの背中を押す「アクセラレータープログラム」とは

「アクセラレータプログラム」とは。インキュベクスの起業支援実績4,000社のサーヒス構築方法、マニュアル作成方法、サポートノウハウおよび、販売促進チームによる営業体制構築スキルを貸し出すサービスです。

(※アクセラレーター(Accelerator)は英語で「加速装置」や「アクセル」といった意味があります。)

つまり新事業創出や製品開発に必要なノウハウの提供などを行い、起業を志す人たちの成長を加速させる、そんなサービスです。

例えば・・・「障害者向けグループホーム」を運営している方が、どうしても世の中にもっと普及していきたいと考えた場合、私たちの持つ起業支援の分野における様々なリソースを活用していただきながら、ご一緒に新たなビジネスやサービスの共創を目指すことができます。

自社だけでは実現できない共創型イノベーションを

私たちも含め、これまでは、ある程度時間をかけて計画的にプロダクトを世に出していくことができました。

しかし様々な技術開発のスピードは劇的に上がっていることに加え、消費者側のニーズの変化も早く、自社だけでサービス開発を行う従来の方法だけでは、対応することが難しい時代になってきました。

このような状況の中で重要度が増してきたのが課題解決(R&D)および事業開発(ビジネス創出)の基盤として社内外のリソースを積極的に取り込んで活用するオープンイノベーションという考え方です。

まさしく「共創(きょうそう)」という考え方で、全く新しい価値の創造を皆さまと共に目指します。

提供可能な自社リソースは

「アクセラレータープログラム」では、インキュベクス株式会社がこれまで築き上げてきた起業支援の分野においてFCサービス・ビジネスモデル開発の連携が可能です。

例えば・・・

1)直営店舗を出店する(あるいはモデル会社との共同サービス開発による出店というスタイルです)

2)私たちの直営または、モデル店舗での行動観察・強みの現地調査

3)サービス設計チーム発足
※3Sモデル(コンセプト、システム、サービスの同時設計)を1年~2年かけてすり合わせをおこなう設計チームを発足します。

4)営業用資料・サポートマニュアル作成等

5)Webプロモーション計画策定等

等、フランチャイズビジネスモデルの構築方法は様々ありますが、私共が行ってきたスタイルは基本、このようなスタイルです。

私たちが提供するリソースが少しでも「活用できる!」と感じていただけたら、是非、お気軽にお問合せください。

コミュニケーションを重ね、意識のすり合わせをおこないます。

目標・ゴールの設定、お互いにどのような価値を生み出したいのか、懸念点はあるか、今後のプロジェクトの進め方・ゴール設定など、同じ方向を向けるようにコミュニケーションを重ね、意識のすり合わせをおこないます。

既に多くな起業家の方々との打ち合わせがスタートしております。

「アクセラレータプログラム」の詳細は、このブログでも都度ご紹介させていただきたいと思います。

2020年のインキュベクスにもご期待ください。


お気軽にお問合せください。

当社の「アクセラレータプログラム」が気になる方、詳細が知りたい方は、お気軽にお問合せください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です