薬局経営から「介護施設経営」に乗り出した経営者様からメッセージが届きました。

お世話になります。インキュベクスの青井です。

本日は、現在「介護施設経営」に向けて準備を進めている有限会社わかば調剤薬局代表の大津様からメッセージが届きましたのでご紹介させていただきます。

大津様は、大手製薬会社で長年MRとしてご活躍後、調剤薬局勤務を経て薬局M&Aにより昨年独立を果たされました。

しかしめまぐるしく変わりつづける薬局業界に危機感を持たれ、薬局との様々なシナジー効果の可能性を持つ「介護施設」への参入を決意されました。

それでは、新たな第1歩を踏み出された大津様のメッセージをご覧ください。

今後の薬局経営の明るい未来を目指して


こんにちは。わかば調剤薬局代表、薬剤師の大津です。

23年間務めた製薬会社を辞めて薬剤師として働きだして4年。一度はあった開業のチャンスも自分の意志の弱さから諦めました。

しかし、捨てきれない独立開業の願望は日に日に大きくなるばかりでした。

そして念願の独立開業を果たしました。

ところが独立開業して判ったことは、自分は薬剤師の経験と強みを活かした経営者として成功したいことに気付きました。

そこで以前から取り組んでいた在宅介護の道に踏み込んでみようと決意しました。

在宅介護業界は薬剤師の強みを大きく活かせると同時に、薬局経営にプラスの効果をもたらしてくれるのは周知の事実です。だけど闇雲に施設に営業をかけても結果が出るのはいつになるのかわかりません。

それならば、自分で介護施設を経営したいと思い、今準備を進めています。(国の方針を考えると、薬局もこれからは介護施設との連携が必要不可欠です。)

同じ様に薬局を大きくしたい、地域貢献をしたいと思い描いている全国の薬剤師にも是非同じ道を歩んでほしいと思います。

どこよりも先にこの在宅介護業界に入りこみ、地域で不動の地位を築くことが出来るチャンスがもう目の前に広がっています。このチャンスをいち早く手に入れて、今後の薬局経営の明るい未来を一緒に築きましょう。

有限会社わかば調剤薬局 代表取締役 大津 貴智

お気軽にお問合せください。

大津様は、介護業界・介護施設で独立起業したい薬剤師の方々へのアドバイザーとしてもご協力をいただいております。

介護事業や介護施設経営への参入をご検討されている薬剤師、薬局経営者の方は、お気軽にお問合せください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です