介護士の皆さん、手持ち資金300万円で介護施設の経営者を目指しませんか

お世話になります。インキュベクスの青井です。

先日のブログでもご紹介しましたが、私たちインキュベクスでは、介護現場からの「経営者の輩出」をご支援させていただいています。

今年も既に介護士さんの起業を3件ほどお手伝いしました。

彼らの共通点は、いずれも方も「介護施設での開業」を目指していることです。

本日は、なぜ彼らが独立起業の手段として「介護施設での開業」を志望するのかをお伝えしていきたいと思います。

介護事業による独立起業は数多あれど、一番お勧めなのが介護施設経営です。

ご存じのように独立起業の手段として介護事業を見た場合、沢山の選択肢が存在します。

例えば、独立開業の専門サイト「アントレ」で介護事業を検索すると訪問介護やデイサービス、訪問マッサージ、障がい者の就労支援などが出てきます。

いずれの介護事業にも共通するのは、介護施設との連携が出来れば、利益をきっちり残すことのできる事業ということです。

逆にいうと介護施設との連携がなければ、常に営業・採用・事業成長の課題が経営者の前に立ち塞がることになります。

こうした背景を踏まえ、私たちが独立起業を希望される介護士さん、特に「起業に備えてお金を貯めてきた」という方にお伝えしているは、手持ち資金300万円で介護施設の経営者を目指しましょうという方法論です。

手元資金で300万円でスタートする介護施設経営とは!?

私たちの強みは、ケアーズ訪問看護開業支援や住宅型有料老人ホーム「介護の王国」の開業・運営支援で培った様々なノウハウ、土地オーナー、投資家、住宅メーカ、介護事業者等の強力なネットワークです。

この強みを活かして介護現場からの「経営者の輩出」をパッケージ化しています。

具体的には、手持ち資金300万円程をお持ちの独立起業希望の介護士さんにまず事業計画や資金調達をご支援し、国民政策金融公庫経由でおおよそ1000万円の資金調達をお手伝いいたします。

そして、その1000万円の資金で介護施設の開業までをご支援するのです。

私たちの業務範囲は希望のエリアで20床未満の小さな介護施設の建て貸し用地を見つけ、建物を建て、お貸しするという業務までを含みます。

・・・大体の期間ですが、打合せ開始からだいだい1年ほどは必要となります。

施設開業かかる経費を大幅に削減しました。

私たちは、1000万円ほどの運営資金をベースに介護施設の開業・運営サービスのご支援を提供いたします。

普通に考えると起業したばかりの方に介護施設を貸してくれる大家さんを見つけることも非常に困難です。

あくまでも介護施設運営を経験してきた介護士の方を対象にすることで施設開業かかる経費を大幅に削減することに成功したのです。

既に20床以下の介護施設の経営を起動にのせ、2拠点目の開業準備、そして3拠点目の物件調査を開始したお客様もいらっしゃいます。

自己資金が少ない方向けの「独立起業プログラム」

将来の独立開業を考えているけれど今はまだ自己資金が無い(あるいは少ない)という方がいらっしゃいます。

このケースの場合は「独立起業プログラム」を推進している企業をご紹介することも可能です。

具体的には、私たちのご支援先の介護施設で将来の独立を目指し2~3年の訓練を受けていただきます。

一定期間のトレーニング後には、開業資金の一部の補助を受け独立をすることが可能です。

この「独立支援プログラムは、私が既に3~4社ほどの経営者様が積極的に推進しています。

ご興味のある方は、お気軽にお問合せください。

「独立支援制度」は、ご自身が介護士として現場に関与し、成長させた事業所の経営を任せられるスキームです。

基本的には飲食店等の暖簾分けと同様のイメージでしょうか。

2年から3年の時間をかけて経営者として育成をするという方法です。ご興味のある方は、是非一度見学にいらしてください。

先輩の施設経営者に何度も話を聞いたり、現場を見たりしながら経営者の考え方に触れてみてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です