訪問看護ステーションが経営する、訪問介護事業所は高待遇を提供できるのです。

インキュベクス青井でございます。

私達は訪問看護ステーション経営を通じて、かねてから要望のあった、住まいの提供をはじめたのが、去年の10月のこと。

そして、去年の10月は同時に訪問介護サービス提供を開始したタイミングでもあります。

私達の訪問介護事業所の特徴は、なんといっても職員の採用単価として、年収400万円~500万円を提供すること。パート・アルバイトについても最大1900円ほどの時給を設定しています。

なにより訪問看護ステーションが、訪問介護を併設することには地域連携先からは非常に喜んでいただけているようです。

訪問看護ステーションが、訪問介護を併設するメリット

訪問看護ステーションが住まいの提供にこだわることで…
訪問看護ステーションが住まいの提供にこだわることで小さな商圏に数多のお客様が集まります。
訪問看護ステーションが経営する介護施設には…
訪問看護ステーションが経営する介護施設には、医療依存の高いお客様が入所します
医療依存度の高いご利用者様へのサービス提供によって…
医療依存度の高いご利用者様へのサービス提供によって、介護職員のスキルが飛躍的に向上します。
商圏内や施設内の部屋を巡回することで…
商圏内や施設内の部屋を巡回することで、高稼働率の訪問サービスを提供できます。

訪問看護師の訪問件数は1日7件以上が可能になります

小さな商圏では、訪問看護師の訪問件数は1日7件以上が可能になります。移動時間はきわめて短いものになります。

そして、訪問看護ステーションが経営する、訪問介護サービスの介護職員1名が生み出す価値は1ヶ月あたり最大、65万円前後の価値を生み出すのです。

訪問介護の起業支援サービスの提供についても検討してみようと考えています。