2015年12月ニュース

医療経営士の専門誌『月刊医療経営士』で、インキュベクス社員で医療経営士資格を持つ、猪股勇人のインタビューが掲載されました。資格を活かした訪問看護の支援を語る。

医療経営士に特化した専門情報誌『月刊医療経営士』の2016年1月号に、インキュベクス株式会社で事業サポート部のマネージャーを務める、猪股勇人(いのまたはやと)のインタビューが掲載されました。

今回、猪股の記事が掲載された『月刊医療経営士』は、主に医療介護事業の経営に視点を向けた専門誌を多数発行している株式会社日本医療企画による専門誌の1つで、医療経営士の資格保有者や資格獲得を目指す人に向けた専門情報を発信している雑誌です。
医療経営士という資格は、一般社団法人日本医療経営実践協会が認定する資格で、医療機関の経営に必要な専門知識を身に付けた人物が認定され登録しています。通常は、医療機関や介護事業の経営で力を発揮しますが、弊社の猪股のように他の医療機関などに支援・アドバイスを行う立場の方や、企業内で医療介護に関係の深い事業の担当者が資格を保有するケースも増えてきているようです。

今回の記事も、「異色の医療経営士」という「医療機関以外で活躍する医療経営士の活躍に迫ったインタビュー記事」の1つであり、そうした観点から、訪問看護ステーションの開業運営支援という他に例を見ない現場で活躍する弊社の猪股がインタビューを受けたものです。
猪股はインタビューの中で、他の社員や支援先企業がなかなか「医療経営」という専門知識に触れる機会がない中で医療経営士として「訪問看護と医療業界との橋渡し」に活躍していることなど、インキュベクスでの仕事の状況を語っています。

 

■『月刊医療経営士』2016年1月号、弊社猪股の記事の概要
掲載誌:     『月刊医療経営士』2016年1月号
※雑誌サイト(http://www.jmp.co.jp/keiei/mmms/
題名:       「異色の医療経営士」第18回
コンサルティング会社 猪股勇人 氏
(インキュベクス株式会社 事業サポート部マネージャー)
URL:       http://www.jmp.co.jp/mmms/backnumber/mmms1601.html
(2016年1月号の紹介ページ)
記事内容:    医療機関以外で働く医療経営士へのインタビュー

 

inomata001

 

inomata002

 

情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)適合性評価制度 プライバシーマーク制度