2017年7月ニュース

介護事業ブランド「介護の王国」「ケアーズ」の開業支援を提供するインキュベクスのエンジニアが、セールスフォースの認定資格、認定アドミニストレーターを取得。

 

住宅型有料老人ホーム「介護の王国」と「ケアーズ訪問看護ステーション」、2つの介護ブランドの開業運営支援を提供するインキュベクス株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:上村隆幸)に所属するエンジニア、田中健太郎(経営管理部 システム担当室)は、2017年6月6日、Salesforceのグローバル共通認定資格である、「Salesforce Certified Administrator(認定アドミニストレーター)」を取得し、同年7月1日に、セールスフォース・ドットコム社Webサイトの「Salesforce 認定資格保持者数 企業別一覧・認定アドミニストレーター」に、インキュベクスの社名が掲載されました。

 

 

 

・Salesforce 認定資格保持者数 企業別一覧・認定アドミニストレーター

https://secure.sfdcstatic.com/jp/assets/pdf/misc/cert-administrator.pdf

 

「Salesforce Certified Administrator」は、Salesforce製品の導入に必要な、業務要件に基づいた基本的なカスタマイズ、設定、管理に必要な知識を持った、Salesforce CRM システム管理者であることを認める認定資格です。

今回、認定資格を取得した田中健太郎は、次代を担うエンジニアとしてシステム担当室に配属され、社内外の様々なITインフラの整備を担ってきましたが、今回「Salesforce Certified Administrator」の認定を受けたことにより、従来、他部署の担当者を中心に推進されてきたSalesforce CRM システムの活用において、より正確な知識に基づく推進が可能となりました。

 

インキュベクスでは、2016年より一部業務においてSalesforceを導入し、主に販促におけるCRM システムの活用を進めてきましたが、今回、田中健太郎の「Salesforce Certified Administrator」認定によって、業務全体でのSalesforce導入と、導入済み業務におけるさらなる効果的な活用に向けて、弾みをつけたい考えです。

インキュベクスが提供する、住宅型有料老人ホーム「介護の王国」と「ケアーズ訪問看護ステーション」の開業運営支援では、ブランド加盟企業による急拡大が実践されており、関係者の種類・数が膨大であることから、Salesforce CRM システムによる効率的な管理・運用を目指しています。

 

 

【インキュベクス株式会社・会社概要】

名称:インキュベクス株式会社

本社住所:神奈川県横浜市港北区

設立:1995年10月

資本金:100,000千円

代表者:代表取締役 上村隆幸

URL:http://www.inquvex.co.jp

 

 

【本件に関するお問い合わせ先】

インキュベクス株式会社

広報担当:安彦

TEL:045-548-9931

FAX:045-471-3946

E-mail:abiko@inquvex.co.jp

 

 

情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)適合性評価制度 プライバシーマーク制度