2017年4月ニュース

住宅型有料老人ホーム「介護の王国」が『高齢者住宅新聞』の取材を受け、4月26日号に、インキュベクス代表・上村隆幸のインタビュー記事が掲載されました。

 

フランチャイズ型の強力な開業運営支援によって拠点展開を推進する住宅型有料老人ホーム「介護の王国」について、介護・医療の経営情報紙『高齢者住宅新聞』から取材があり、インキュベクス株式会社代表取締役・上村隆幸へのインタビュー記事として、4月26日号に掲載されました。

 

 

記事では、インキュベクスが2012年より提供を続けている「ケアーズ訪問看護ステーション」の開業運営支援についても触れ、その提供の経験から、看護だけでなく介護も一体的に提供する必要性に気づいたという、「介護の王国」のサービス開発背景を紹介。「介護の王国」の展開において、これまでの「ケアーズ訪問看護ステーション」とも連携した取り組みを行うことを示しています。

 

また、「介護の王国」の特徴である9万円台という安価な価格設定や、新築以外に空き家改修も含めた物件活用を行う方針、さらに、上村自らが大学院生として研究活動を実践した産業技術大学院大学での学びを活かした、介護職員の負担軽減のためのIoTを始めとした先進技術設備の導入についても紹介されています。

 

横浜市鶴見区における直営第1号店を皮切りに進む、今後の全国への大規模拡大に触れて、記事は締めくくられています。

 

 

インキュベクス代表取締役・上村隆幸がインタビューに応じた「介護の王国」に関する『高齢者住宅新聞』の記事

情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)適合性評価制度 プライバシーマーク制度