介護事業は、今後の需要の高まりと継続が望め、安定性の高い事業。さらに非常に公共性が高い、社会福祉に貢献のできる事業。地域密着性も強く、事業所ごとのカラーを確立すれば小規模でも事業を開始・継続していける利点もあります。

また、医療保険・介護保険が適用されますので、回収漏れの心配はほぼありません。
何より最大の特徴は「価格競争が無い」こと。介護報酬額は厚生労働省で定められ、事業者が自由に設定することはできません。しかし視点を変えれば、他社との価格競争とは無縁といえます。

利用者様を増やし求められるサービスが提供できれば、社会貢献が出来ると同時にビジネスとして確かな利益を得られる貴重な事業といえます。